風俗 性病体験

風俗の恐い性病体験

風俗通いで何度も性病に感染しています

女性顔

当サイトは男性が好きな風俗や女性との出会い、夜遊びに関しての内容をまとめております。

 

しかし、男性の欲求を満たす女遊びは、楽しいことばかりではありません。
風俗や出会い系では、性病に感染するリスクもありますし、女性やお店にハマってしまう男性も少なくありません。

 

そんな恐い一面もある風俗や女性との出会いにフォーカスした体験談をまとめました。もしもの事態を起こさないように十分に注意して女性との遊びを楽しんでもらいと思います。

 

 

風俗で性病に感染した体験談【31歳男性】

 

私は何度か性病になったことがあります。すべて性風俗店で貰ってきたものです。
貰ってきたのはクラジミアと淋病です。

 

23歳の時に初めて風俗に行ってから30歳になるまで一度も感染したことは無かったので、風俗で性病を貰うことに対して全くの無警戒でした。

 

それが、30歳になってからある日いつものように風俗行くと、その数日後に尿道に激しい痛みと残尿感が現れました。さらに膿も出てきて私は激しく動揺してどうすることも出来ませんでした。

 

2日我慢したのですが痛みが尋常では無かったので、泌尿器科に行って診てもらいました。
検査の結果は淋病でした。

 

薬を貰って指示通り服用していると、3日目には痛みが完全に無くなりました。
症状が無くなったので薬の服用を止めたくなりましたが、医者からは最後まで飲み続けてその後検査に来てくださいと言われていたので、飲み続けました。

 

しかし、再検査は面倒くさかったので行きませんでした。
その後、特に何も症状は出なかったので完治したのだと思います。

 

それから半年ぐらいしてまた懲りずに風俗で性病を貰いました。
今度すぐに病院にいきました。検査結果はクラジミアで淋病ほどの激しい症状ではありませんでした。
これも薬を貰って症状はすぐに治まりました、再検査も行きませんでした。

 

私は若い頃に風俗を覚えてからハマりまくっているので、2度も性病に感染したにも関わらず、まだ行き続けてました。そして、3度目の感染クラジミアもすぐにやってきました。

 

20代の頃は全く感染しなったのが不思議なぐらいに、30歳を過ぎてから連続で感染しています。
現在は10回目の感染がこの前に完治したところです。10回目は久しぶりの淋病でかなりキツイ症状でした。

 

いつものように尿道の痛みと膿なのですが、やはり淋病はクラジミアと違って症状が激しくて、深夜に発症したら朝まで耐えられない感じです。

 

初めて淋病になった時はよく2日も我慢出来たものだなと今更感心してます。
性病は種類も沢山あって怖いものですが、性病に慣れっこになってきた私が一番怖いですね。

 

あなたは性病に感染していませんか?

上記の男性のように風俗が好きな男性は多いでしょう。
しかし、性病などのリスクとの常に隣り合わせだということを認識しなければなりません。

 

風俗が大好きであったり、ナンパや新しい出会いで女性と遊ぶことが好きなのであれば、ご自身の体は必ずチェックしておくことをおすすめします。今は大丈夫と思っていても、いつ性病に感染するのかわかりませんし、パートナーである女性や将来の子供のためにも性病検査は必要です。

 

日本で一番感染者が多いクラミジアは自覚症状がありませんし、淋病に感染した男性の話は尽きることがありません。あたなの知っている友人も感染した経験がある人がいるかもしれません。
それほど性病という病気は、日常に潜んでいるものなのです。

 

性病は、泌尿器科や病院の性病科で簡単に検査してもらえるので、ぜひあなたも足を運んでみて下さい。
また病院に行く暇がない方や、恥ずかしいからこっそりと検査したいという方には性病検査キットなども普及されています。どのような形にせよ自分の健康状態を調べておくことは大切です。

 

風俗や女性遊びがダメという訳ではなく、いつもリスクと隣り合わせであることを意識して、正しい遊び方を心得ましょう。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ