出会い系 淋病

出会い系で性病の淋病をうつされた

出会い系体験談。性病の淋病を移された悲劇

昔出会い系で女性と知り合った時に性病を移された体験談です。
以前付き合っていた彼女から淋病をもらったことがあったので、淋病独特のにおいはわかっていたので、注意してればもらうことはないと思ったのですが、甘くはありませんでした。

 

当時、出会い系で若い女性と知り合うことができました。年齢はあえて伏せておきます。
話の流れでは、その女性は30kmほど離れた田舎(私が住んでるとこも都会ってわけではないのですが)から、ここまで電車で出てきた。

 

出会い系で見つけた男性と遊ぶ予定だったんだけど、男性に用事ができてしまって会えなくなり暇になって、今駅前でブラブラしてるんだっていってたので、すぐ行くから!といって向かえに行きました。

 

待ち合わせは、人気が少ないほうがよいと思い、駅裏の公衆電話前にし、そこに車を停車させてから彼女に連絡すると、すぐにこちらに気づき、向かってきました。

 

彼女は顔は普通よりちょっと上だったんですが、スタイルがそれほどよくありませんでした。160cmで55kgぐらいと私のスカウターは判定しました。

 

服装は年相応で大人っぽさはありませんが、若いということはそれだけでプラスです。お互いOKだったようで、ドライブに行きました。

 

彼女は自宅方面まで送って欲しいといってたので、門限や大体の場所を聞いて予定を組みつつ、ゲーセンにいったりと遊びにいきました。

 

ある程度遊ぶと夕方になってたので、彼女の家の方向に向かって走らせます。
もちろんご休憩をしても門限に間に合うように時間調整もオッケーです。
道中にラブホがあるのですが、そこに誘うとオッケーがでたので、ラブホに行きます。

 

2回戦できるほどの時間的余裕はなかったので、一回を大切にいこうと思い、するまえにお風呂に入りました。
先に彼女をお風呂に入らせ、その後私も入って洗ってあげたりして、イチャついてからベッドで本番開始です。

 

性病のこともきにしてたのですが、つい欲望に負けて生でしてしまいました。
幸い付き合っていた彼女相手に毎週生で中だしを2年ほど続けても妊娠していなかったので、中だししてもできないだろうから、外出しなら余裕だろと思ってしまったのです。

 

今回も生で外出しでフィニッシュです。たまたま妊娠しないだけかもですが、2年妊娠しないってことは、私自身精子が弱いんだと思います。

 

彼女の感度自体は良かったのですが、イカされず私だけフィニッシュしました。
門限もせまってくるので、それほどゆっくりはしていられず、少しくつろいでから服を着て彼女を自宅付近まで送り届けました。

 

その後一週間ぐらいしてから、オシッコする時に痛みが発生しました。
もしや?と思いましたが、一応心あたりはあるわけで、お医者さんに行くと淋病ですと言われました。

 

血液検査をして、肝炎や他の性病もチェックもしてもらいましたが、幸いなことに淋病だけ、無事完治することができました。

 

やはり女性も若いと、色々遊んでいたり、性病の知識に疎かったり、何より生でさせてくれるぐらいなんだから性の知識や経験も少ないわけで、リスキーな遊びだなと思いました。
それ以来若い女性と遊ぶ時は細心の注意を払うようになりました。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ